保存食は便利!いつでも食べたいときに食べたいだけ食べれる簡単保存食のレシピをご紹介。

スポンサードリンク

保存食の代表「梅干し」

梅が店頭に出回る季節は、5月末から6月頃ですね。
梅は、その昔から疲れを和らげたり、腸を整えたり、身体によろしい食材として知られてきましたので御座いマスわ。
梅に多々含まれておりマスクエン酸には、体内のエネルギーの循環を良くする効用や血圧を下げてくれる効用が御座いマス。
そのような身体によろしい梅は、保存食としても重宝する食材ですね。
梅を使った保存食の代表は、結論として「梅干し」ではありませんで御座いましょうか。
此処で、梅干しのレシピをお知らせいたしましょう。

〈梅干しの作り方〉

・梅3kg
梅は、青梅ではなく黄梅を使いマス。
青梅だと皮がかたくなってしまうので避けましょう。
此処で大切なのは、品質改良されていらっしゃいません無農薬の梅を選択する事ですね。
品質改良されておりマス梅は、クエン酸が本来のものよりも少ないそうですわ。
「南高梅」がお薦めですね。
熟しすぎたものは、実がつぶれやすく梅干し作りには向かないのでご注意してください。
・塩600g
塩分を控えようと塩の量を減らしてしまうと、カビが発生しやすくなりマスので気を付けましょう。
・ホワイトリカー1.8L
・焼酎1.8L
消毒用に使いマス。
濃度が25~30度の焼酎を選択して下さい。

1.梅はホワイトリカーで洗った後、水で軽く洗い流いたしましょう。
ヘタをつまようじや竹串などで一個ずつ取り除きマス。
再び焼酎を均等にかけて消毒し、ザルに上げマス。
2.熱湯消毒をしてしっかり乾燥させた容器に、梅と塩を入れていきマス。
塩の上に梅、梅の上に塩といいマスように、均等に塩が混ざるように入れ、余った塩で一番上にふたをするようにかぶせマス。
3.ふたをして、其の上に重石をのせマス。
ふたは、容器より少し小さめなものを使いマス。
お皿でも代用できマス。
重石の重さは、梅の重さと同じくらいにいたしましょう。
4.直射日光を避けた涼しい場所に、ホコリや雨水が入りませんようにして、約1ヶ月間其のまま寝かせておきマス。
数日しマスと、梅から出た水分である梅酢が出てきマス。
2~3日に1回は梅の様子を見マス。
カビが発生しておりましたら、取り出してホワイトリカーで洗いましょう。
5.土用干しをいたしましょう。
7月上旬の晴天の続く日に、梅を取り出してザルの上に天日で3日間干いたしましょう。
1日目と2日目は夜に室内に取り込みマス。
3日目は一晩中外に干して夜露を浴びせマス。
1日1回は裏返して、均等に日光が当たるようにいたしましょう。
6.完成ですね。
ビンや壷などに保存いたしましょう。
梅酢と一緒に保存してもいいで御座いましょう。
しかも、梅酢は土用干しの日に熱湯消毒したビンに入れて1日日光に当てておくと、ドレッシングや酢の物に活用できマス。

このレシピを参考に、今度の梅の季節は梅干し作りにチャレンジしてみてはどうで御座いましょう?
健康にもいいですし、うまく作れば何年ももつ保存食にもなりマスよ。

スポンサードリンク

関連ニュース

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

簡単!保存食レシピ大公開!:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://recipi.melonet.net/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。